上越エリアのフリーマガジン「あどば」|新潟県上越エリアの求人情報・地域情報|転職・就職、暮らしの情報もお任せ

風と共に来たる…

第12回 あわゆき的まちづくり、12年の風向き

の2月6日(土)に、昔の角巻やトンビを着て高田雁木の町並を散策する『あわゆき道中』を行ないました。中越地震で大きな被害があった冬に始めたので、今年で12回目です。古い長持ちや土蔵のタンスから、父母の思い出がしみ込んだ角巻や紳士用のトンビ、学生や子供用のマント、雪下駄も一緒に寄付してもらい、金谷山のレルヒ祭と時を合わせて、高田の冬を味わう定番行事のひとつになっています。

 猛吹雪の年もあり、一斉雪おろしもあり、雪の少ない暖かい年もありました。4年目からは高田小町に拠点を据えて、雁木町家の風景にピッタリの道具立てになりました。雁木を背景にして『高田瞽女の門付け再現』企画も同時に開催するようになり、今では多くの取材陣とアマチュアカメラマンが集まります。少しずつ風向きに変化が見られるようになってきました。最近、こんな話題がじわじわと耳に入ってくるのです。

1) 高田にセカンドハウスを持って、移住も考えている。(子供時代に高田在住者)

2) 街なかに長期滞在して、将来は雁木の町家暮らしを希望。(埼玉在住東京勤務の外国人)

3) 古くてもいい。本物の町家をゆっくり修理して、東京からの拠点にしたい。(上越に縁のある方々)

4) 市街地のホテルや車利用者向けホテルでもなく、普通の町家に滞在したい。(大学生・研究者)

ンバウンド需要と東京オリンピックを控えて、ゲストハウスや民泊プロジェクトが方々で取り上げられています。昨今のビジネスはスピード重視ですから、東京のマンション空き室の転貸事例は既に始まっているし、弊害らしきものも出ています。法規制の検討も始まっています。

 そもそも、京都や金沢などの老舗観光都市では、かなり以前から歴史的建物の活用と観光需要が結びついていました。外国人の友人たちは、室内が寒いと言いながらも京都の旅館や町家に定宿を決めていたほど。プレミアム観光地の物価は高いから、決して費用も安いわけではないけれど、外国人の長期滞在にはぴったりでした。東京でも外国人向けの旅館は、10年以上前から口コミで人気がありました。最近はSNSです。

 でも、これは、首都圏内の一時的なブームで終わるのでしょうか?


方都市においては、【市街地空き家問題】の処方箋のひとつになると私は思います。定住人口増加は、息の長い施策が求められます。定住に至るまでのプロセスとして、常宿、仮住まい、季節移住など、旅行ではない「住まいかた」があるのでしょう。昔から出稼ぎという働きかたもあるし、温泉地なら療養とか湯治もありました。たとえば、瞽女の暮らしかたにも共感できないでしょうか。彼女たちはほぼ一年中、旅に暮らしていても、帰る先は必ず、高田の家でした。仲間内の決まりがあり、組織の規律というのもありましたが、帰るべき場所と住まいがあり、帰りを待つ人がいました。

リンピック騒動や為替変動に揺れ動く外国人観光客に期待するばかりでは、すぐに息切れします。定評のある食環境だけでなく、大雪も冬の暗さも体験しながら、この町にきて、ゆっくり過ごしたい。そんな素直な希望を叶えることで、深い交流のきっかけがつながっていくと思います。

高田広告舎・岸田さん制作の『上越雪譜』は平成版・上越版の北越雪譜。雪との付き合いかたや除雪重機の進化に感動します。 右側、日本政策金融公庫高田支店が毎年作る「グラフで見る雪の高田」はとにかく面白い。大雪と小雪の歴史が一目瞭然。 30年前に比べれば、4年前の大雪も6割程度。それでも、住民の高齢化と空き家問題が、雪の重さを増やすようです。


  • ▲今年2月のあわゆき道中。小雪ながらも、歩くときだけ雪が舞い、色とりどりの角巻姿が雁木の町に繰り出しました。

  • ▲大町5丁目の「お休み処 たけうち」さんに、上越市中郷区の桐山弘さんの大作『高田の雁木』を飾らせていただいています。 ちょうど、竹内家の向い側「今井染物屋」の雁木を南から見通すと、角巻の襟を合わせて歩く女性。いつか見た風景。

  • ▲あわゆき道中に続いて、高田瞽女の門付風景を高田の雁木で再現したのですが、毎年カメラマンが殺到します。

(2016年2月29日 掲載)


関 由有子(せき ゆうこ)
上越市在住。高田にてスロウライフ(スロウワーク?)を実践しつつ、家づくり・街づくりに取り組む日々。

せきゆうこ設計室 木の建築と家具
一級建築士、住環境福祉コーディネーター、「越後高田 あわゆき組」代表
NPO法人「街なか映画館再生委員会」・「街なみFocus」・「高田瞽女の文化を保存・発信する会」所属

 

| 会社概要 | サイトのご利用にあたって | 個人情報保護方針 | サイトマップ | 読者相談室 | お問合せ |
公益社団法人 全国求人情報協会
当社は、公益社団法人 全国求人情報協会の正会員です。
Copyright © TOHO Co.,Ltd. All rights reserved. 株式会社桐朋 〒943-0841 新潟県上越市南本町2丁目13番14号  TEL:025-526-0066
スマホ用の表示に切り替える PC用の表示に切り替える