あどば電子版 地域情報メニュー

カテゴリ別最新記事を見る

風と共に来たる…

風と共に来たる…

更新:2017年2月28日

セキララU&I

セキララU&I

更新:2019年8月29日

これが私の生きる道

これが私の生きる道

更新:2020年7月31日

ぷらっとトラッド

ぷらっとトラッド

更新:2019年3月20日

よろず探検隊

よろず探検隊

更新:2019年7月31日

うまいモノを出せ!

うまいモノを出せ!

更新:2020年7月31日

甘いモノはベツばら

甘いモノはベツばら

更新:2020年6月30日

働くみんなのおうちごはん

働くみんなのおうちごはん

更新:2020年7月31日

NEW SPOT INFO

NEW SPOT INFO

更新:2020年7月31日

イベント情報

イベント情報

更新:2020年7月31日

にゃどばの気まぐれブログ

にゃどばの気まぐれブログ

なんでくんが征く!

なんでくんが征く!

更新:2018年12月10日

ラムセスタロットカード

ラムセスタロットカード

更新:2020年7月31日

あどば読者アンケート&プレゼント

あどば読者アンケート&プレゼント

※下記のアーカイブは別ウィンドウでページが開きます。

セキララU&I風と共に来たる…これが私の生きる道うまいモノを出せ!甘いものはベツばらNEW SPOT INFOこじまさんちのおうちごはんすきま時間の手仕事FILE

HOME >  地域情報トップ >  ぷらっとトラッド  >  雪国に笑顔を咲かせる大工の技術

ぷらっとトラッド

私たちが暮らすまち
先達が積み重ねてきた歴史、伝統、地域の絆
変わっていくもの、変わらないもの…
大切なものを受け継ぎながら
上越地域の未来をつくるひとびと
“そうだ、あのひとたちに会いに行こう”

ぷらっとトラッド

雪国に笑顔を咲かせる大工の技術

二代目・善宏さんから息子・和宏さんへ

妙高市関川にある「妙高高原まるやま工務店」(株式会社丸山工務店)は、終戦後の1949(昭和24)年、海軍飛行予科練習生だった初代が創業。今年で69年の工務店だ。公共施設などの建築・土木工事の他、住宅建築にも力を入れている。

二代目で代表取締役の善宏さんが長野工業高等専門学校を卒業して入社したのは、1974(昭和49)年。当時は大手ゼネコンの公共工事など下請けの仕事が中心で、見積もりや設計ができる人がいなかった。「元請けとして仕事がしたいと思いました」。現場の仕事にも励みながら、高専で学んだ知識を基に元請けができる体制を作っていった。

時は高度経済成長期。妙高高原地区では観光客が増えると共にホテルの建設もラッシュを迎え、ペンションブームなども相俟って、まるやま工務店が元請けの仕事も軌道に乗った。しかし、ホテル建設が一通り落ち着いたころ、時同じくしてバブルが崩壊。仕事量が激減し、廃業する同業者も出始める……それが、30年ほど前のこと。

このままではまずいと悩んでいたとき、視察に出向いた北海道で、たった1台のストーブで家じゅうが暖かくなる住宅に出会う。今でこそ馴染みある言葉だが、当時はまだ全く知られていなかった「高気密高断熱住宅」だ。「これは妙高高原の冬にも生かせる技術だ」と確信し、北海道から妙高へ技術移入を図る。そして試行錯誤を重ねた結果、新潟県建築士会の設計優秀賞を受賞するに至った。「とにかく、良質で暖かい家を建てたいんです」。64歳の今も、積雪があっても太陽光発電ができる施工や、最新の省エネ技術を活用した家づくりなど、そのチャレンジ精神は衰えを知らない。

建築業界ももれなく時流に圧され、後継者不足に悩む企業は少なくないという。「私も最初は、跡を継ぐ気はそれほどありませんでした」と、三代目の和宏さん。しかし「10年、20年で廃業してしまう会社も少なくないなか、70年近く続いている会社はそれだけでも凄い」と気付いた。今はさまざまな建築や技術に携わるにつれ、仕事が楽しくなってきている。近年は、工場で作られたパーツを組み立てるだけのような住宅も少なくないが「実は、木材ひとつを取っても奥が深い。現場の大工でなければできない仕事があるんです。特に、高気密高断熱住宅は高度な技術と経験が必要です。親父の優れた知識や技術を継承したい」と和宏さん。

住宅は決して安い買い物ではないからこそ、不満の残る家は作りたくない。とにかく、お客さんに満足してほしい。——その想いが実り、最近ではお客様からの紹介による受注も増えてきているそうだ。丸山さん父子の熱意と、確かな技術が、雪国に笑顔の花を咲かせていく。

  • 社屋は妙高市関川地区内にある。

    社屋は妙高市関川地区内にある。

  • 除雪体制が整っていなかったかつての時代、妙高の人々の冬の仕事は出稼ぎだった。写真は戦後の高度経済成長期、「夢のマイホーム」だった公団住宅の建設現場。

    除雪体制が整っていなかったかつての時代、妙高の人々の冬の仕事は出稼ぎだった。写真は戦後の高度経済成長期、「夢のマイホーム」だった公団住宅の建設現場。

  • 現在、建設業者の冬は除雪作業が重要な仕事のひとつ。道路など公共のインフラ保全から一般住宅まで、すべては市民の安全な生活のため、降雪状況によっては寝ずの作業が続くことも。

    現在、建設業者の冬は除雪作業が重要な仕事のひとつ。道路など公共のインフラ保全から一般住宅まで、すべては市民の安全な生活のため、降雪状況によっては寝ずの作業が続くことも。

  • 「親父の優れた知識や技術を継承したい」と三代目和宏さん。暖かい家は優れた技術があってこそ。

    「親父の優れた知識や技術を継承したい」と三代目和宏さん。暖かい家は優れた技術があってこそ。

  • 家族にとっては一生を共にする家づくり。「家を建てる過程も大切にしたい」。

    家族にとっては一生を共にする家づくり。「家を建てる過程も大切にしたい」。

  • 家族と家との最初の思い出が、屋根裏にひっそりと刻まれる。

    家族と家との最初の思い出が、屋根裏にひっそりと刻まれる。

  • 皮つきの丸太から木材に加工する機械。今の時代、丸太加工は製材所で行なわれるのが一般的で、一から加工できる工務店は少なくなっているそう。

    皮つきの丸太から木材に加工する機械。今の時代、丸太加工は製材所で行なわれるのが一般的で、一から加工できる工務店は少なくなっているそう。

  • 文化財の修復も手掛けている。こちらは妙高高原にある「岡倉天心六角堂」。

    文化財の修復も手掛けている。こちらは妙高高原にある「岡倉天心六角堂」。

  • お客様を招待してイベントも。普段触れることのできない重機の操作体験は子供たちに大人気

    お客様を招待してイベントも。普段触れることのできない重機の操作体験は子供たちに大人気

二代目・善宏さんから息子・和宏さんへ 右:二代目・丸山善宏さん(代表取締役)
左:三代目・丸山和宏さん(常務取締役)
DATA
名 称
妙高高原まるやま工務店
所在地
〒949-2112新潟県妙高市関川662-8
TEL
0255-86-2341
FAX
0255-86-2421
WEB
https://www.maruyamakoumuten.info/
記事一覧へ

U・Iターン情報

まちなか&生活情報

ページの先頭へ