あどば電子版 地域情報メニュー

カテゴリ別最新記事を見る

風と共に来たる…

風と共に来たる…

更新:2017年2月28日

セキララU&I

セキララU&I

更新:2019年8月29日

これが私の生きる道

これが私の生きる道

更新:2020年7月31日

ぷらっとトラッド

ぷらっとトラッド

更新:2019年3月20日

よろず探検隊

よろず探検隊

更新:2019年7月31日

うまいモノを出せ!

うまいモノを出せ!

更新:2020年7月31日

甘いモノはベツばら

甘いモノはベツばら

更新:2020年6月30日

働くみんなのおうちごはん

働くみんなのおうちごはん

更新:2020年7月31日

NEW SPOT INFO

NEW SPOT INFO

更新:2020年7月31日

イベント情報

イベント情報

更新:2020年7月31日

にゃどばの気まぐれブログ

にゃどばの気まぐれブログ

なんでくんが征く!

なんでくんが征く!

更新:2018年12月10日

ラムセスタロットカード

ラムセスタロットカード

更新:2020年7月31日

あどば読者アンケート&プレゼント

あどば読者アンケート&プレゼント

※下記のアーカイブは別ウィンドウでページが開きます。

セキララU&I風と共に来たる…これが私の生きる道うまいモノを出せ!甘いものはベツばらNEW SPOT INFOこじまさんちのおうちごはんすきま時間の手仕事FILE

HOME >  地域情報トップ >  ぷらっとトラッド  >  “泡沫”が残した危機と赤倉の知恵

ぷらっとトラッド

私たちが暮らすまち
先達が積み重ねてきた歴史、伝統、地域の絆
変わっていくもの、変わらないもの…
大切なものを受け継ぎながら
上越地域の未来をつくるひとびと
“そうだ、あのひとたちに会いに行こう”

ぷらっとトラッド

“泡沫”が残した危機と赤倉の知恵

赤倉温泉を愛する変革者たち

赤倉温泉は開湯から200年。江戸時代の1816年、7人の発起人が高田藩の官営事業として湯治場を開いたのが始まりという。今でこそ、赤倉と言えばスキーやスノーボードなど冬のレジャーのイメージだが、道路除雪など無い当時はグリーンシーズンのみの営業であった。

かのレルヒ少佐が高田にスキーを伝えたのは1911年。以降、皇族方をはじめ、湯治客の間でスキーが楽しまれるようになる。1950年、国が認定した日本で最初のペアリフトが完成。スキーのメッカとして知られるようになった。当時の主な交通手段は電車。スキー客は田口駅(現 妙高高原駅)を降りて馬ソリで、または歩いて、赤倉に訪れていたという。

高度経済成長とともに交通インフラが発達。冬のレジャーがそれほど無かった昭和の時代、多くの人がこぞってスキーに訪れるようになった。映画『私をスキーに連れてって』が人気となったバブル期には、正月休みの来客数の全国1位がディズニーランド、2位が苗場、3位が赤倉という時期もあったそうだ。しかし、バブル崩壊とともにスキー人口は年々減少。1995年の阪神淡路大震災直後は客足がピッタリと止まってしまった。それ以降も様々なレジャーが台頭し、スキー人口は減少の一途を辿る。

危機感を抱いた赤倉の旅館経営者らは、「赤倉温泉活性化委員会」を発足し知恵を絞った。足湯の設置や各種イベント企画、赤倉発祥「温泉ソムリエ」資格制度の創設など、本来の「温泉の良さ」を発信し始めた。また、それぞれの旅館で顧客に喜ばれたサービスや成功事例を惜しみなく共有。……努力は実り、グリーンシーズンの顧客数はバブル期を上回るようになった。近年はインバウンドに目を付けた先駆者の働き掛けが実り、外国人客が増加。宿泊施設や飲食店など、赤倉温泉全体に良い循環が広がり始めている。

「これまでの赤倉温泉を守りつつ、若手や女性の意見も取り入れながら、地域の皆で協力できるようにしたい」と赤倉温泉組合長の広島茂男さん。その息子で赤倉温泉観光協会 副会長の直人さんは「赤倉の人たちの義理や人情、優しさ、伝統。守るべきものは守りつつ、変えるべきことは変えていく勇気を大切にしたい」と言う。また「温泉ソムリエ」を全国に広め12,000人の有資格者を輩出した温泉ソムリエ協会の家元・遠間和広さんは「温泉ソムリエの仕組みと共に赤倉温泉を広めつつ、温泉の文化や魅力を伝えていきたい」と意気込む。

「温泉地としては、何もしなくてもお客さんが来たバブル期など無かった方が良かったのかもしれない」という思いもあるという。だがバブル期は到来し、崩壊し、去っていった。その困難な時期を経て手にした知恵と勇気こそが、古き良き赤倉温泉を守り、これからを創っていくのだろう。私たちの心身を癒してくれる赤倉温泉、その土地と湯を愛しみ守る変革者たちに、心から感謝と応援の言葉を送りたい。

  • 江戸時代の1816年、7人の発起人によって開湯

    江戸時代の1816年、7人の発起人によって開湯

  • かつての赤倉本通りと妙高山。著名人の避暑地としても愛された

    かつての赤倉本通りと妙高山。著名人の避暑地としても愛された

  • 開湯当時、赤倉の冬は閉ざされていたそう。スキーの伝来によって冬季も栄えるようになった

    開湯当時、赤倉の冬は閉ざされていたそう。スキーの伝来によって冬季も栄えるようになった

  • 【左】主な交通手段が鉄道だった時代、湯治客は田口駅(現 妙高高原駅)から人力車や馬で訪れた/【右】その昔、妙高山は「名香山」と表記されていた。「東京より9時間、新潟より6時間」とある

    【左】主な交通手段が鉄道だった時代、湯治客は田口駅(現 妙高高原駅)から人力車や馬で訪れた/【右】その昔、妙高山は「名香山」と表記されていた。「東京より9時間、新潟より6時間」とある

  • 現在の赤倉本通りと妙高山。赤倉温泉は岡倉天心の終焉の地で「岡倉天心六角堂」がある

    現在の赤倉本通りと妙高山。赤倉温泉は岡倉天心の終焉の地で「岡倉天心六角堂」がある

  • 足湯公園。東屋で気軽に楽しめる人気スポットだ(利用無料)

    足湯公園。東屋で気軽に楽しめる人気スポットだ(利用無料)

  • 野天風呂「滝の湯」。露天風呂が男女各1カ所と、水着で入る温泉プール(男女共用)がある

    野天風呂「滝の湯」。露天風呂が男女各1カ所と、水着で入る温泉プール(男女共用)がある

  • 赤倉温泉組合が開湯200周年を記念して作った「湯と花の公苑」。いつでも無料で源泉かけ流しの足湯と手湯が楽しめる

    赤倉温泉組合が開湯200周年を記念して作った「湯と花の公苑」。いつでも無料で源泉かけ流しの足湯と手湯が楽しめる

  • 赤倉の宿泊施設全室に設置されている冊子。温泉ソムリエテキストでは、温泉の魅力や効能を学ぶことができる。温泉ソムリエの認定者は全国で12,000人を超え、著名人の有資格者も多い

    赤倉の宿泊施設全室に設置されている冊子。温泉ソムリエテキストでは、温泉の魅力や効能を学ぶことができる。温泉ソムリエの認定者は全国で12,000人を超え、著名人の有資格者も多い

赤倉温泉を愛する変革者たち 左:遠間 和広さん(温泉ソムリエ協会 家元)
中:広島 茂男さん(赤倉温泉組合長)
右:広島 直人さん(赤倉温泉観光協会 副会長)
DATA
名 称
赤倉温泉
所在地
新潟県妙高市赤倉
問合せ先1
〈赤倉温泉に関するお問合せ〉
赤倉温泉観光協会
〒949-2111 新潟県妙高市赤倉585-1
TEL 0255-87-2165
E-Mail info●akakura.gr.jp(●を半角@に変えてください)
問合せ先2
〈温泉ソムリエに関するお問合せ〉
温泉ソムリエ協会 家元・遠間和広
〒949-2111新潟県妙高市赤倉34-2
TEL 0255-87-2028
E-Mail toma-kz●yc4.so-net.ne.jp(●を半角@に変えてください)
記事一覧へ

U・Iターン情報

まちなか&生活情報

ページの先頭へ