あどば電子版 地域情報メニュー

カテゴリ別最新記事を見る

風と共に来たる…

風と共に来たる…

更新:2017年2月28日

セキララU&I

セキララU&I

更新:2018年2月16日

これが私の生きる道

これが私の生きる道

更新:2018年3月29日

ぷらっとトラッド

ぷらっとトラッド

更新:2017年8月31日

よろず探検隊

よろず探検隊

更新:2018年3月8日

うまいモノを出せ!

うまいモノを出せ!

更新:2018年3月29日

甘いモノはベツばら

甘いモノはベツばら

更新:2018年2月28日

こじまさんちのおうちごはん

こじまさんちのおうちごはん

更新:2018年3月29日

NEW SPOT INFO

NEW SPOT INFO

更新:2018年3月29日

イベント情報

イベント情報

更新:2018年3月29日

にゃどばの気まぐれブログ

にゃどばの気まぐれブログ

なんでくんが征く!

なんでくんが征く!

更新:2018年4月15日

ラムセスタロットカード

ラムセスタロットカード

更新:2018年3月29日

あどば読者アンケート&プレゼント

あどば読者アンケート&プレゼント

※下記のアーカイブは別ウィンドウでページが開きます。

セキララU&I風と共に来たる…これが私の生きる道うまいモノを出せ!甘いものはベツばらNEW SPOT INFOこじまさんちのおうちごはんすきま時間の手仕事FILE

HOME >  地域情報トップ >  ぷらっとトラッド  >  和の心、まちを想う心

ぷらっとトラッド

私たちが暮らすまち
先達が積み重ねてきた歴史、伝統、地域の絆
変わっていくもの、変わらないもの…
大切なものを受け継ぎながら
上越地域の未来をつくるひとびと
“そうだ、あのひとたちに会いに行こう”

ぷらっとトラッド

和の心、まちを想う心

六代目・善司さん、レイ子さんから娘・菜々さんへ

上越市 高田地区は、遡ると慶長19年(1614年)、徳川家康の六男・忠輝に始まる高田藩の城下町。こちら小川家の初代は現在の妙高市 新井地区の出身で、京勤めから帰郷したのち高田の町家に居を構え、麹屋を開いた女主人だったそうだ。三代目によって呉服店へと商売替えがなされ、以来、今日まで受け継がれてきた「きものの小川」は今年で114年、明治35年の創業。洋装が一般化する以前の時代は、着物こそが日本人の “普段着” ——呉服店とはつまり、かつては “普通の服屋さん” だったのだ。

「それが着物を “和服” と呼び分ける時代になってからは、着る側(客)の着物に対する知識が薄らいだぶん、売る側(店)に高度な専門性が必要とされるようになりました。その一方で “普通の服屋さん” であり続けた店は洋服や学校の制服などを扱うようになり、商売のかたちがそれぞれ店ごとに変化してきた。うちも、親の代(五代目)までは穴空きベニヤを貼った店内にいろんなものが積み上がっている、いかにも雑多な “昭和の店” でした」

そう語る当代の善司さん・レイ子さん夫妻は、商売を受け継ぐ際に「私たちは着物の文化を守っていこう。そのためには、“和の文化” を守ること」と考え、古い町家の店を「本来の姿へ」、そして「今の時代に合った形へ」と造り替えた。

そんな両親の仕事ぶりを見ながらこのまちで育った娘の菜々さんは「高校進学から実家を出たせいか、高田に帰って来るたびに “なんて素敵なまちなんだろう” という想いが積み重なっていったんです」。高校で新潟市へ、大学は東京へ、その後に中国留学、京都での就職と、子供から大人へと移ろう時期のあいだ、ずっと外側から地元を見つめ続けてきた。

親娘ともに「ただ続けるだけでは、商売はやっていけない。自分のやりかた、時代に合わせたやりかた、変える部分は変えて良い」と、礎にある考えは同じ。

次代を担う菜々さんは、和の文化、高田のまちの歴史を愛おしみつつ、自らがこれまでに得てきた経験や “外の文化” も、無理に隔てることなく「自分なりにこの店で形にしていきたい」と語る。……物腰柔らかな菜々さんが教えてくれた “中国サバイバル譚” は、その表面だけからでは決して伺えない、菜々さん自身の芯の強さとユニークさを物語っていた。初代と同じ “女主人” は、きっと高田のまちに新たな風をもたらす人になる。

  • 麹店から呉服店へと商売替えした三代目・小川儀八翁の木像(初代・滝川美堂の作)。麹店まで遡ると開業は江戸時代・天保の頃だそう

    麹店から呉服店へと商売替えした三代目・小川儀八翁の木像(初代・滝川美堂の作)。麹店まで遡ると開業は江戸時代・天保の頃だそう

  • もともと間口の広いミセを住宅部分まで開放し、店舗として改装。2階はまちのイベントや季節に合わせて展示や見学者受入れを行なっている

    もともと間口の広いミセを住宅部分まで開放し、店舗として改装。2階はまちのイベントや季節に合わせて展示や見学者受入れを行なっている

  • 「これは義母の遺した着物を仕立て直した羽織。素敵な柄なの」と、娘の菜々さんの肩へ。母・レイ子さんは着付教室の指導も行なっている

    「これは義母の遺した着物を仕立て直した羽織。素敵な柄なの」と、娘の菜々さんの肩へ。母・レイ子さんは着付教室の指導も行なっている

  • 「この羽織は私、いくつになってもずっと着るつもりです。洋服では身に着けるのをためらう柄も、着物なら着られる。それが和服の良いところ」

    「この羽織は私、いくつになってもずっと着るつもりです。洋服では身に着けるのをためらう柄も、着物なら着られる。それが和服の良いところ」

  • 店内には着物関連以外の小物や雑貨も多く並ぶ。レイ子さん、菜々さんがそれぞれにセレクトした品

    店内には着物関連以外の小物や雑貨も多く並ぶ。レイ子さん、菜々さんがそれぞれにセレクトした品

  • 菜々さんが以前働いていた京都の着物メーカーとは今も付き合いがあり、和洋を問わず使えるアクセサリーなどが入荷することも

    菜々さんが以前働いていた京都の着物メーカーとは今も付き合いがあり、和洋を問わず使えるアクセサリーなどが入荷することも

  • メーカー、問屋だけでなく地域の工芸作家さんたちとの付き合いも幅広い。菜々さんデザインのガラスの帯留めなどもある

    メーカー、問屋だけでなく地域の工芸作家さんたちとの付き合いも幅広い。菜々さんデザインのガラスの帯留めなどもある

  • メーカー、問屋だけでなく地域の工芸作家さんたちとの付き合いも幅広い。菜々さんデザインのガラスの帯留めなどもある

    メーカー、問屋だけでなく地域の工芸作家さんたちとの付き合いも幅広い。菜々さんデザインのガラスの帯留めなどもある

  • 素材や織り方、作家さんの仕事ぶりなどを丁寧に説明してくれる

    素材や織り方、作家さんの仕事ぶりなどを丁寧に説明してくれる

六代目・善司さん、レイ子さんから娘・菜々さんへ 左:七代目・小川菜々さん  中央、右:六代目・小川善司さん、レイ子さん
総延長日本一の雁木通りの残る越後高田。きものの小川は上越市景観デザイン賞「雁木部門・景観大賞」の受賞歴がある
DATA
名称
きものの小川
所在地
〒943-0832 新潟県上越市本町7-3-22
TEL
025-522-3400
営業時間
平日 10:00~18:00/日曜・祝日 10:00~17:00
休業日
不定休
web
http://kimononoogawa.com/
記事一覧へ

U・Iターン情報

まちなか&生活情報

ページの先頭へ