あどば電子版 地域情報メニュー

カテゴリ別最新記事を見る

風と共に来たる…

風と共に来たる…

更新:2017年2月28日

セキララU&I

セキララU&I

更新:2019年8月29日

これが私の生きる道

これが私の生きる道

更新:2021年11月30日

ぷらっとトラッド

ぷらっとトラッド

更新:2019年3月20日

よろず探検隊

よろず探検隊

更新:2019年7月31日

腹が減ってはシゴトができぬ!

腹が減ってはシゴトができぬ!

更新:2021年11月30日

adva letter

adva letter

更新:2021年11月30日

働くみんなのおうちごはん

働くみんなのおうちごはん

更新:2021年11月30日

NEW SPOT INFO

NEW SPOT INFO

更新:2021年8月31日

イベント情報

イベント情報

更新:2021年11月30日

にゃどばの気まぐれブログ

にゃどばの気まぐれブログ

ラムセスタロットカード

ラムセスタロットカード

更新:2021年11月30日

あどば読者アンケート&プレゼント

あどば読者アンケート&プレゼント

※下記のアーカイブは別ウィンドウでページが開きます。

セキララU&I風と共に来たる…これが私の生きる道うまいモノを出せ!甘いものはベツばらNEW SPOT INFOこじまさんちのおうちごはんすきま時間の手仕事FILE

HOME >  にゃどばの気まぐれブログ >  【上越市】女性のためのやさしいまちづくり講座

にゃどばの気まぐれブログ〜上越&周辺エリアで大発見〜にゃどばの気まぐれブログ〜上越&周辺エリアで大発見〜

こんにちは、あどばスタッフのなっさんです。
前回に引き続き、女性向け講座のご案内です。
 
私は日頃からあどばの仕事を通じて上越市全域の動きに感心を持って動き回っていますが、そんな私自身も、プライベートは上越市のなかの一地区の住民であり……でも、振り返ってみると(実際はとっくに気付いてはいましたが;)自分の住んでいる地区のことには案外疎かったりします。
 
何となく、田舎の町内会は「お父さんたちが取り仕切る場」という暗黙の了解(慣習?)があったり、育児中の女性やフルタイムで働く若い世代(30〜40代とか?)には関わりを持つのが厳しい日時だったり、という印象がありませんか? 私はあります。
 
今年度、私の父(同居)は私の住んでいる地区の町内会長をしていますが、私自身は町内会の頭数には含まれていない感じで、町内がどんな動きをしているか、全く見えてこないのです。人のせいという話ではなく、では私自身も「見る努力」をしているかと問われると、答えはNOです……。
 
ときどき「これで良いのか?」と疑問に思うことは、正直、あります。ある日突然バトンを渡されても、地域の風習や慣習は学べませんから。地元・上越地域を愛する気持ちは余りあるのに、その愛を自分の本当の地元には大して注いでいない自分。何なんでしょうか(苦笑)。
 
自分語りはこのくらいにしておくとしても、私のような女性は少なからずいるのでは……と、思っていた矢先! こちらの講座の案内が届きました。前置きが長くてすみません。
 
 


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 

裏面&申込書はこちらから
(別ウィンドウで両面のPDFが開きます)

 
【講座内容】
地域活動やまちづくりに関心のある女性を対象に、まちづくりの活動や市議会、地域協議会、町内会などについて意見交換しながら分かりやすく学ぶ全4回の講座です。参加費は無料です。
 
【概要】
開催日時/いずれも14:00~16:00
 1回目:10月21日(土)
 2回目:11月19日(日)
 3回目:11月26日(日)
 4回目:12月2日(土)
 
会場/
 上越市市民プラザ 第4会議室(上越市土橋1914-3)
 
定員/30名(申込順)
 
申込方法/

電話、FAX、郵送またはメールでウィズじょうえつ(男女共同参画推進センター)へ申し込んでください。
〈住 所〉〒943-0821 上越市土橋 1914-3 上越市市民プラザ2階
〈電 話〉025-527-3624
〈FAX〉025-522-8240
〈メール〉d-sankaku●city.joetsu.lg.jp(●を半角@に変えてください)
〈申込期間〉1回目は10月11日(水)~10月16日(月)
      2~4回目は10月11日(水)~11月13日(月)に申し込んでください。

 
備考/保育ルームあり

〈対 象〉6カ月以上~就学前
〈利用料〉無料(要予約)
〈定 員〉10人(申込順)


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 
地域や国や社会、世界を作るのは今ここに生きている私たち、ひとりひとり。
 
日々、自分の身の回りのことだけでも精一杯だったりもしますが、自分の自宅がある隣近所のことだって、立派な「身の回り」なんですよね。子供たちに誇りを持って受け継いでいけるふるさと上越を築くためにも、老若男女、やれることをやれる形で関わってみませんか?
 
どんな形で地域活動やまちづくりに関わっていけそうか、を、まず学ぶ機会です。ふるってご参加ください。

U・Iターン情報

まちなか&生活情報

ページの先頭へ