HOME >  地域情報トップ >  これが私の生きる道  >  第290回・山崎 敬一さん|上越名物、ハイマートの駅弁に新顔登場!

これが私の生きる道

これが私の生きる道:第290回 第290回・山崎   敬一さん|上越名物、ハイマートの駅弁に新顔登場!

第290回

上越名物、ハイマートの駅弁に新顔登場!

2022年4月29日(ゆ)

山崎 敬一(やまざき けいいち)さん
上越市出身/在住
株式会社ホテルハイマート
代表取締役社長

20歳から10年間、長野県のホテルで働き、31歳のときに地元に戻り家業であるホテルハイマートに入社。2020年に5代目として代表取締役社長に就任した山崎敬一さん。社長業にとどまらず、現場や営業はもちろん、メニュー開発にも力を入れている。

ホテルハイマートといえば“駅弁”が全国的にも有名。その仲間に新たに加わったのが、開発に1年かけたという『にしんめし』だ。

「直江津では家庭料理として昔からニシンの甘露煮がよく食べられていました。食習慣が変わり、今ではあまり見かけなくなった地域の大切な食文化を後世に残したいという会長の想いもあり、当時の味を再現することにこだわりました。昔の味を知っている方に食べてもらうなど、何度も試食を重ね、ようやく完成したのがこの『にしんめし』です」

おいしさはもちろん、駅弁を通して地域独自の食文化を守りたいという想いを強くしていた。
 


お仕事必須アイテム | 軍手・スマホ・アーミーナイフ


これがわたしの生きる道 お仕事必須アイテム 山崎敬一 ホテルハイマート

ちょっとした作業がいつ、どこででもできるよう多機能なアーミーナイフを携帯。「呼ばれたら、すぐにいって作業ができるよう、軍手は車やデスクなど、いろいろなところに置いてあります」。
 


マイブーム・趣味 | ソフトクリーム&ジェラート


これがわたしの生きる道 マイブーム・趣味 山崎敬一 ホテルハイマート

酒もタバコも苦手だが甘いものは大好き。中でも「ソフトクリームとジェラートは毎日でも食べたいくらい好きです。なかなか食べに行けませんが、それでも10日に1回は食べていますね(笑)」。

  

 
これがわたしの生きる道 会社紹介 山崎敬一 ホテルハイマート

当社は1901年創業。直江津駅前のホテルハイマートは宿泊を筆頭に結婚式・宴会・会議・法要、駅弁や仕出しの製造販売を、そしてホテルと並び食事処「多七」、直江津駅前「直江津庵」、上越妙高駅「駅弁 山﨑屋」などを経営しております。

中でも駅弁は多くの雑誌やテレビなどでも紹介されている自慢の品です。JR東日本主催の「駅弁味の陣」では「鱈めし」「さけめし」が“駅弁大将軍”を、「磯の漁火」は“駅弁副将軍” “郷土賞”を獲得。2021年には新作の「にしんめし」が“駅弁副将軍”を受賞しました。電車内でのお食事にはもちろん、直江津の郷土食材を使った親しみやすい弁当として、地元・上越の皆様にも召し上がっていただけると嬉しいです。また、上越名物として県外の方への手土産に選んでいただければ幸いです。

各種駅弁はホテル前のドライブスルー駅弁販売所のほか、「駅弁 山﨑屋」にてお求めいただけます。時間によって品薄になることもあるため、WEB・お電話・店頭での事前予約も受け付けております。

 
 
株式会社ホテルハイマート
 
これがわたしの生きる道 外観 山崎敬一 ホテルハイマート

 住 所  上越市中央1-2-3
 T E L  025-543-3151
 H P  http://www.heimat.co.jp/

 

 

記事一覧へ

ページの先頭へ