HOME >  地域情報トップ >  これが私の生きる道  >  第289回・吉田 陽一朗さん|海と陸路で日々の生活と世界をつなぐ

これが私の生きる道

これが私の生きる道:第289回 第289回・吉田   陽一朗さん|海と陸路で日々の生活と世界をつなぐ

第289回

海と陸路で日々の生活と世界をつなぐ

2022年3月31日(よ)

吉田 陽一朗(よしだ よういちろう)さん
上越市出身/在住
直江津海陸運送株式会社
取締役 営業部長

 直江津育ちの吉田さんにとって海は元々身近なものだった。県外に進学したが卒業後は地元に戻って「地域に貢献できる海の仕事に就きたい」と船舶貨物の流通を担う直江津海陸運送株式会社に入社、船舶代理や通関の担当を経て営業部へ。現在は部長職および取締役の立場にも就き、輸出入する貨物に関わる企業との対応など多忙な日々を送る。
  
 「私どもの業務は海路で運ばれる貨物を企業様にお届けすること。その先には必ずそれぞれの地域の皆様の日々の暮らしがある。常にそれを胸に刻み、さらに精進していきたい」と語る。
   
 直江津から世界へ、世界から直江津へ── 人々の生活を支える貨物の取扱いには大きな責任が伴う。それと同時に、大きなやりがいも。「貨物があるから自分たちの仕事がある」と吉田さん。 謙虚さの中に仕事への誇りと喜びが伺えた。
 


お仕事必須アイテム | スマホとスマートウォッチ


これがわたしの生きる道 吉田陽一朗 直江津海陸運送株式会社

お客様とのコンタクトが営業職の核心だからこそ、着信を洩らすわけにはいかない。いつでも対応できるよう、スマホとスマホに連動するスマートウォッチが欠かせない。
 


マイブーム・趣味 | 釣り


これがわたしの生きる道 吉田陽一朗 直江津海陸運送株式会社

小さい頃、父とよく出かけた釣りに本格的にハマったのは10年程前。初めてアオリイカ釣りを経験し、その面白さを改めて知ったそう。「関川河口で80cmのマダイを釣り上げた時は大興奮でした」

  

 
これがわたしの生きる道 吉田陽一朗 直江津海陸運送株式会社
 
  当社は昭和17年の設立以来、直江津港を拠点として安心・安全を第一に“運送”に取り組んで参りました。設立当初のはしけ荷役、その後の原木荷役と運搬から現在のコンテナ物流へと、時代とともに変化する物流に対応しながら港湾荷役と陸上運送を結んだ、海陸一貫の運送事業へと発展し、現在に至っております。それに伴う事業として、外航・内航の船舶代理や通関などの貿易関連業も行っております。
 
   海と陸を結ぶ運送クレーン──などの大型荷役機械で船舶から荷揚げし、揚げた貨物を当社所有の倉庫に保管、保管した貨物を陸路で安全にお客様のもとへお届けしております。
 流通ネットワークの重要拠点である港、世界に広がる海の玄関口・直江津港を通じた物流サービスで、お客様からいただく信用と信頼を糧に、これからも地元に密着した企業として社会の発展に寄与してまいります。
 
 
直江津海陸運送株式会社
 
これがわたしの生きる道 吉田陽一朗 直江津海陸運送株式会社

 住 所  上越市港町2丁目9-11
 T E L  025-543-3421
 営業時間  8:00~16:00
 H P  https://naoetsu-kairiku.jp/
 SNS  Instagram

 

 

記事一覧へ

ページの先頭へ