あどば電子版 地域情報メニュー

カテゴリ別最新記事を見る

風と共に来たる…

風と共に来たる…

更新:2017年2月28日

セキララU&I

セキララU&I

更新:2017年9月29日

これが私の生きる道

これが私の生きる道

更新:2017年9月29日

ぷらっとトラッド

ぷらっとトラッド

更新:2017年8月31日

よろず探検隊

よろず探検隊

更新:2017年6月7日

うまいモノを出せ!

うまいモノを出せ!

更新:2017年9月29日

甘いモノはベツばら

甘いモノはベツばら

更新:2017年8月31日

こじまさんちのおうちごはん

こじまさんちのおうちごはん

更新:2017年9月29日

NEW SPOT INFO

NEW SPOT INFO

更新:2017年9月29日

イベント情報

イベント情報

更新:2017年9月29日

にゃどばの気まぐれブログ

にゃどばの気まぐれブログ

なんでくんが征く!

なんでくんが征く!

更新:2017年6月29日

ラムセスタロットカード

ラムセスタロットカード

更新:2017年9月29日

あどば読者アンケート&プレゼント

あどば読者アンケート&プレゼント

※下記のアーカイブは別ウィンドウでページが開きます。

セキララU&I風と共に来たる…これが私の生きる道うまいモノを出せ!甘いものはベツばらNEW SPOT INFOこじまさんちのおうちごはんすきま時間の手仕事FILE

HOME >  地域情報トップ >  セキララU&I

「移住の先輩」の声をご紹介!セキララU&I

「田舎には仕事が無いんじゃ…?」「上越って、どんな魅力があるんだろう」——Uターン・Iターン、はたまたJターンを考えるときに、必ず浮かぶ疑問のいろいろ。そこで、上越エリア在住の「移住の先輩」に移住の際の苦労や喜び、これまでのエピソード、メリット・デメリットも含め、ここで暮らそうと決意した“上越の魅力”って何?etc.……セキララに語っていただきます。

No.
018
セキララU&I No.018

野村 功太朗 さん / 妙高市 妙高高原地区

2017年9月29日(な)

田舎の不便さ・都会の便利さを
天秤にかけたとき、僕らは
スーパーがちょっと遠いとか、雪がいっぱい降るとか、田舎ゆえの不便さや雪国の事情みたいなものはもちろんあるんですけど、その辺は折り込み済みで移住してきてるから特に困ってないんですよね。移住にあたっては、ある程度、寛容な気持ちは必要ですよ。田舎なんだから、不便は当たり前に付いてくる。でも、都会の便利さと引き替えにしなきゃい ……
No.
017
セキララU&I No.017

丸山 淳代 さん / 上越市 春日区

2017年7月31日(な)

上越の暮らしは人に恵まれていて
ありがたいなと思う
でも私は自分から望んで上越に移住してきたわけじゃないんですよね。両親が引っ越して、実家が上越になっていたというだけで。母が上越の出身だったので私も子供の頃から時々来てはいたんですけど、「暮らす場所」としては知らない土地。しかも、もともと私はかなり人見知りなので「誰も知ってる人いないし、遊べる場所も無いし……」って、最初 ……
No.
016
セキララU&I No.016

東條 未衣 さん / 上越市 直江津地区

2017年5月19日(な)

都会に住みたかった10代から…
「いつまでこの生活を続けるんだろう」
生徒たちがすごく良い顔をしてるのを見たときに「もっともっと踊る楽しさを教えてあげたい」と思うようになったんです。山梨から東京に通い続けて先生たちの指導法をどんどん書き溜めて、ノートは10冊以上になりましたね。新潟市のダンススタジオは、実は最初は自分の練習がしたくてレッスンに参加したんです。そしたらその場で「あなた、何し ……
No.
015
セキララU&I No.015

中村 真二 さん / 上越市 安塚区朴ノ木361

2017年3月17日(な)

移住が定住につながるカギは
「良い人間関係を築けるかどうか」
移住促進の旗を掲げて人を呼び込むための活動をしたりっていうのは行政の役割としてできることだと思うけど、「人間関係を築く」のは個々人の問題じゃないですか。そういう点こそ、市民活動の出番だと考えたんです。僕が上越に居心地の良さを感じている理由のひとつには、間違いなく “人とのつながり” がありますからね。社会人になってから ……
No.
014
セキララU&I No.014

稲葉 祐娘 さん / 糸魚川市 能生地区

2017年1月20日(な)

「あなたはあなた、私は私」に
辿り着けるまでが一山
変わったのは子供が生まれてからですね。子供ができてからは健診に連れて行ったり、地区の行事に出たり、外へ出ることがすごく増えたから、自分の社会が広がりました。その前は家と職場の往復だけで、糸魚川に居ようがどこに居ようが関係無いような生活だったんです。夫との関係もだし、地域との関わりとか、生活がしっくり来るようになるまで3 ……
No.
013
セキララU&I No.013

北村 直樹 さん / 妙高市 新井地区

2016年11月16日(な)

自分が払ったお金が
子供たちを殺す銃弾になったら嫌だ
葛藤を抱えながら生きてます。でも、お金の回し方にしても、どこに消えていくお金なのか分からない買い物をするんじゃなくて、なるべく顔が見える人たちとか、地元の企業やお店で買うようにしたりとか。中東の軍事産業を支援してるような巨大企業の製品を買って、自分が払ったお金が子供たちを殺す銃弾になったら嫌じゃないですか。高いとか安い ……
1 / 212

U・Iターン情報

まちなか&生活情報

ページの先頭へ